クラチャイダムとウコンの違いは何か?

クラチャイダムという名を聞いたことはあるでしょうか。これは、タイ、ラオスを原産とする天然にハーブのことです。

古くからタイシャム王国の男性に滋養強壮のハーブとして親しまれており、日本では、黒ウコン、黒生姜、ブラックジンジャーなどと呼ばれています。

もともと日本には自生していませんでしたが、最近では沖縄に北部において栽培することに成功し、生産が続けられています。

 

クラチャイダムは一般的なウコンとは違い、多量のポリフェノールを含んでいます。

また、男性生殖機能の低下を改善する効果があるとされているアルギニンの含有量が豊富となっています。

アルギニンは、男性生殖機能改善効果だけでなく、アンチエイジング、抵抗力や免疫力のアップ、生活習慣病予防、メタボ対策などに効果があるとして注目されている成分です。

そのため、クラチャイダムを原材料とした滋養強壮剤や栄養剤、精力剤などが人気となっています。

 

同じような効能が期待できるとしてマカも人気となっていますが、クラチャイダムはマカの2倍以上のアルギニン含有量があるとして、マカ以上の人気となっています。

 

クラチャイダム配合の精力剤は数多く販売されていますが、商品によっては、クラチャイダム本来の効果があまり得られないものがあります。

特に、クラチャイダム以外に複数の成分も一緒に配合されている商品などはなるべく避けた方がいいでしょう。

 

オススメの商品としては、「クラチャイダムゴールド」や「マカ×クラチャイダム」などがあります。