【中折れ対策】まずは食生活を見直してみてはいかがでしょうか

私も、30代後半からいわゆる持続力に衰えを感じ、中折れするようになってしまいました。妻には変に誤解されたり、機嫌が悪くなったり、こちらも自信を無くしてしまいますよね。とはいえ、病院に行ったり、薬に頼るのは抵抗がありました。さすがに恥ずかしさもありましたし。

 

そこで、まずは自分の食べているものに目を向けてみました。手ごろな手段として、参考になりそうな本を何冊か読んでみました。そして、自分の食生活を振り返ってみると、いろいろ間違った行動をしていたことが分かりました。

 

精力をつけようと、いわゆるメタボな食事を食べがちだったのですが、これはEDに悪影響なんだそうです。そもそも、勃起は血液の流入によって起こるのですが、動物性脂肪たっぷりで生野菜ほぼゼロの生活では、いわゆるドロドロ血になってしまい、血液の流入がスムーズにいかなくなり、立たない…ということになってしまうんだとか。

 

そして、意識して摂取した方がいい栄養素があるそうで、例えば、アミノ酸の一種のタウリンです。これは、滋養強壮系のドリンクによく含まれている栄養素ですが、イカやタコなどの魚介類に多く含まれているそうです。それと、EDに効果があるとよく言われる亜鉛です。性ホルモンを正常化させる働きを持っていると言われているそうです。

 

タウリンと同じように、魚介類に多く含まれており、牛肉からも多く摂取できるようです。また、アルコールを摂りすぎると亜鉛の排泄量が増加するので、お酒をよく飲む人は意識した方がいいかもしれませんね。

 

かくいう私も、食生活を見直した結果、幾分中折れの頻度が減ったようで、妻との関係性もやや改善しました。いきなり病院はハードルが高いと思いますので、まずは手軽に食生活を見直してみてはいかがでしょうか。